閉じる

ladies-jacket

レディースジャケット

ダサいと思われるレディースゴルフウェアとは?オシャレな着こなし術も紹介

2022.06.24 更新

ダサいと思われるレディースゴルフウェアとは?オシャレな着こなし術も紹介
「紳士のスポーツ」と言われるゴルフ。その名にふさわしく、ドレスコードも決まっていて、一見すると敷居が高そうなスポーツに思われます。
しかし、最近ではドレスコードがカジュアル化しているゴルフ場も出てきて、ゴルフウェアをオシャレに着こなす楽しみ方もできるようになりました。ゴルフウェアを選べる楽しみはありますが、着こなし方を間違えると、ダサいと思われたり、マナー違反となってしまう危険もあります。

そこで今回は、30代、40代、50代の大人の女性に向けたレディースウェアの注意点とスマートな着こなし方

をご紹介したいと思います。

ダサいと見られてしまう?レディースゴルフウェアにおける服装のマナーとは

ドレスコードのカジュアル化が進んでいるとはいえ、それも限度があるというもの。あまりゴルフにふさわしくない格好ですと、ダサいと思われたり、最悪マナー違反となってしまうこともあります。 ここでは、レディースウェアを着用するうえで、ダサいと見られてしまう注意点を解説していきます。ゴルフのプレーと同じように、ウェアもまずは基本から学んでいきましょう。

丈が短すぎるウェアはNG

ゴルフでは、男性はハーフパンツ、女性はスカートやショートパンツが認められています。昨今では、ウェアをセクシーに着こなすプロの女子選手も多く、季節によっては開放的な気分になり、少し大胆になってしまうかもしれません。

しかし、露出が多く目のやり場に困るような丈が短いウェアはNGとなります。紳士、淑女のスポーツであることを意識しましょう。

露出の多いトップスを選ばない

トップスも同じく露出の多いものは好まれません。コースに出るときの服装は、襟のついたシャツ、ポロシャツ、タートルネックなどが推奨されています。

夏場ですと、半袖のシャツも認められますが、キャミソールや短すぎる丈のトップスはマナー違反となってしまいます。 最近では、ウェアの下に吸水性の高いインナーを着用することも認められています。露出は抑えて、機能的な服装を心がけましょう。

自己主張の強いゴルフウェアは選ばない

コースのグリーンには、少し派手な色のウェアが似合うので人気があります。せっかくの貴重な機会を活かして、普段は身に着けない色のウェアで、新しい自分を発見するのも楽しみ方の一つです。 しかし、あまりにも自己主張の強いゴルフウェアはコースにそぐわず、悪い意味で目立ってしまいます。基本である「モノトーン+1色」を守れば、スマートでオシャレな着こなしにすることができます。

もうダサいと言わせない!レディースゴルフウェアのオシャレな着こなし術

これまでは注意点を見てきましたが、では、どのようにすればゴルフウェアを着こなすことができるのでしょうか。 ここからは、オシャレに見えるポイントを解説していきます。ウェアを上手に着こなすコツは、なによりゴルフの精神を尊重することにあります。ゴルフというスポーツを愛し、周囲に溶け込みつつも、自分のカラーを出せる、そんな素敵な大人のゴルファーを目指してみてください。

年齢にあったデザインのウェアを選ぶ

「いつまでも若く見られたい」という気持ちから、ついつい自分の年齢より若い人が対象の服を選んでしまいませんか。ゴルフウェアで、この気持ちが強く出てしまうのも考えものです。

ロゴマークだらけだったり、派手すぎる色合いのウェアは、若さがあれば着こなせるかもしれませんが、大人の40代、50代でそれを着ても良い評価は得られません。年齢に見合った落ち着いたウェアを選ぶことで、若者にはない、大人の成熟した魅力を引き出すことができます。 50代のゴルフウエアの着こなしについては下記をご参照ください。
参考サイト : 50代女性におすすめのレディースゴルフウェアブランド10選をご紹介!

常に清潔感のあるゴルフウェアを着る

「お気に入りの服がなかなか捨てられない」という人は多いのではないでしょうか。「思い出の服だから」「ゲン担ぎで」と理由は様々と思われますが、年季が入り色あせたゴルフウェアは、清潔感が欠けるという大きな問題があります。

ある程度古くなったウェアはコースで使用せず、新しいウェアを着ることで清潔感を出すことができるでしょう。

体型にあったサイズのゴルフウェアを選ぶ

年齢を重ねると気になってくるのが体型の問題です。コンプレックスを隠せるようなウェアを選びがちですが、これが逆効果になってしまうことも少なくありません。 ゴルフウェアでは、体型に合わせつつも、着こなしでオシャレに見せるのが大切です。たとえば、ぽっちゃり体型の方は、トップスは肩幅にゆとりのあるオーバーサイズを選んだり、足の太さが気になる方は、スカートの下にレギンスを履いたり、ジョガーパンツを着るといった方法があります。 ご自身の体型をしっかりと認識しつつ、それに見合う着こなしを選ぶようにしましょう。

ダサいとは無縁!季節ごとにおすすめのレディースゴルフウェア

ゴルフは一年を通してプレーすることのできるスポーツです。しかし、一年通して同じウェアというのは、少々考えもの。ここでは、季節に合わせてどんなウェアがオススメかを解説していきます。 季節のなかでも、快適に、そしてオシャレに見せるために、ぜひともウェアのチェックをしておきましょう。

春におすすめのゴルフウェア

春は過ごしやすく、新緑が眩しいことから、ゴルフをするには絶好の季節です。春のゴルフウェアはドレスコードの基本を大切にしつつ、昼夜の寒暖差に対応できるようにしましょう。

女性の場合、襟付きのトップス、ベルトを使うスカートやパンツ、ワンピースが基本となります。寒さ対策として、薄手のカーディガンも用意しておくと良いでしょう。最近では、オシャレで様々な色合いのカーディガンも販売されています。ぜひウェアとのコーディネートを考えなら選んでみましょう。

夏におすすめのゴルフウェア

ゴルフは長時間、屋外にいることになるため、夏のウェアは熱中症対策、紫外線対策も求められます。 暑さから薄着になりがちですが、度が過ぎてしまえばマナー違反となってしまいますので、快適さとマナーに合わせたウェアを選びましょう。 夏のウェアにオススメなのがワンピースです。見た目も涼しげで快適にプレーに集中することができます。紫外線対策として、アームカバーやサンバイザー、サングラスなどをつけるとよいでしょう。 逆にNGなのは、襟なしのTシャツです。これらは男子でもマナー違反となるので、注意が必要です。

秋におすすめのゴルフウェア

「スポーツの秋」という言葉もあるとおり、秋は涼しくなってスポーツをするのに最適な季節です。また、この季節はゴルフウェアを選ぶ楽しみが増えるという方も数多くいます。ぜひたくさんのアイテムを試してみて、新たなコーディネートを考えてみましょう。

秋に特にオススメなウェアは、ニットベストです。保温性もあり、少し派手なカラーでも面積が少ないので、意外とシックに収まると人気です。ほかにも、カーディガン、ベスト、パーカーなどのアイテムもあり、色々な組み合わせを楽しむこともできます。ハンチングなどにもこだわって、ひとつ上のオシャレに挑戦するのもいいでしょう。

冬におすすめのゴルフウェア

冬といえば厳しい寒さ。コーディネートも寒さ対策をしっかりと考えなければいけません。 冬にオススメなのが、発熱素材のインナーと、ウィンドブレーカーです。この組み合わせならば、防寒対策とオシャレな着こなしの両方を満たすことができます。ほかにも、ネックウォーマーや、レッグウォーマーといった女性の冷えやすい部分を守ってくれるアイテムも取り入れれば効果的です。

常に周りを意識したゴルフウェア選びをしよう

ゴルフは、ドレスコードが決められているからこそ、その服装は奥深く、注意すべき点も存在します。 しかし、スマートにウェアを着こなす姿は、上品さと躍動感を兼ね備えており、ゴルフプレイヤー独自の魅力があります。マナーを尊重し、華麗にウェアを着こなす、そんな大人の女性ゴルファーを目指してみてはいかがでしょうか。
ページトップへ戻る
着なくなったゴルフウェアストストで売ってみませんか?ストストの宅配買取 着なくなったゴルフウェアストストで売ってみませんか?ストストの宅配買取
LINEID連携でスグに使える1000ポイントプレゼント!